iPhone 3GSならではのオートフォーカス iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

iPhone 3GSならではのオートフォーカス

iPhone 3G Sからはカメラにオートフォーカスが付きました。

通常、携帯電話の小型センサーは、撮影者の意図にかかわらずすべての物に焦点を合わせることがほとんどです。
しかしiPhone 3GSのオートフォーカスは、目的の物だけをシャープにしようとします。
「Tap to Focus」と呼ばれる機能で、画像上の特定の部分を軽く指でタップすると、その部分にカメラの焦点を合わすことができます。

撮影中、真ん中の水車をタップしてフォーカス中・・・

ピントが合いました。

そしてこちらも意外と知られていないのですが、iPhoneのカメラのシャッターボタンは、手を離したときにシャッターが切れるようになっています。
これを利用したiPhoneならではのオートフォーカスです。
シャッターボタンを押し続けると中央付近にピントが合ってきます。
ピントが合ったら手を離すことで「パシャ」っと。
また、押すではなく、離すという操作が、手ブレを防ぐ一つの工夫ともなっています。
関連記事
[ 2009/11/18 16:27 ] 基本操作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。