Googleカレンダーと同期 iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Googleカレンダーと同期

iPhoneはGoogleのサービスと非常に緻密な連携が取られています。
Googleカレンダーは便利なWebスケジューラーです。

Google SyncとMicrosoft Exchange機能を使ってカレンダーに記載されたスケジュールやメモなどをiPhoneと同期させることが出来ます。

1.まずは、パソコン側の設定
iPhoneをパソコンに接続し、iTunes(Ver.9以降)を起動。情報タブの連絡先、
「連絡先を同期」チェックボックスにチェックを入れ、Google Contactsを選択。
すると、GoogleアカウントのログインID,PASSの入力を求められるので入力してエンター。
適用ボタンを押します。


これで、パソコン側の設定は完了です。


2.iPhoneの設定
iPhoneとパソコンの接続を解除して、
iPhoneの「設定」⇒「メール/連絡先/カレンダー」をタップ。


「アカウントの追加」を選択し、「Microsoft Exchange」をタップします。


「メール欄」は任意の名称を
「ドメイン」は何も入れない。
「ユーザ名」「パスワード」はGoogleのID、PASSを入力。
そして「次へ」をタップすると「サーバー」が出てきますので、
「m.google.com」と入力して設定完了。


同期する項目が出てきますので、「カレンダー」をオンにして完了をタップ。


以上で設定完了です。
iPhoneのデフォルトカレンダーを起動すると、Googleカレンダーと同期されます。

上記の設定では、ひとつのカレンダーしか同期しませんが、
仕事用や個人用、日本の休日など、いつくかのカレンダーを使用している場合、それらも同期させることが出来ます。
iPhoneのサファリで、「http://m.google.com/sync/」にアクセスし、設定を行うのですが、
端末が対応していないというエラーが出ます。↓


そこで言語設定をEnglishに変更すると、↓


「iPhone」という項目が出てきますので、選択し、↓


Googleカレンダーで使用しているほかのカレンダーを選び、Saveして完了。↓



iPhoneカレンダーを起動すると、追加したカレンダーも同期されています。
関連記事
[ 2009/11/23 11:54 ] 同期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。