撮影した写真の位置情報を確認する iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

撮影した写真の位置情報を確認する

iPhoneのカメラには位置情報(Exif)を添付する機能があることは前述しましたが、どこでとった写真なのかを確認するのは、標準のiPhone機能にはありません。
(MACなどでは、プレビューすればすぐに出てきます。Windowsの場合はXnViewというソフトを使って確認できます。)

そこで、このKoredokoというアプリをインストールすれば、あなたが撮ったExif情報が付いている写真は、それがどこで、いつ撮った写真か、MAP上に表示することができます。

原宿、ゴールドラッシュでハンバーグ


日比谷公園内大噴水 これはハイブリッド表示


日比谷公園から銀座に向かいます。


朝10時ののスタジオコーストです。

日付や時刻、緯度と経度を表示、
標準のMAPと同様に拡大・縮小・移動、マップタイプ(地図・航空写真・ハイブリッド)の変更ができます。
日時や場所までしっかりと残れば、いい思い出になりますよね。
とても楽しいアプリケーションなので是非インストールしておいてください。

↓Koredokoのダウンロード
Koredoko
関連記事
[ 2009/12/05 02:50 ] アプリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。