Map機能を使いこなす iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Map機能を使いこなす

iPhone Map

iPhoneには強力な地図機能が標準搭載されていますがマップにはすばらしい点が多々あります。
・検索も含め、動作が軽快
・現在地がリアルタイムに分かる(GPS)
・目的地までの道順を示してくれる
・方角がわかる(iPhone 3GS使用時)

知らない土地でも「道に迷う不安」というのはなくなります。
iPhoneがオンラインであれば、たとえ間違った方向に歩いていてもリアルタイムにそのことがわかるのです。

MAPの優れた機能のひとつに、「ブックマーク」があります。
一度でも訪れた場所や、調べた場所、目的地などは片っ端からブックマークに登録しておくことで、強力な自分専用の地図データベースが出来上がります。
さらに、iPhoneのMAPは「アドレス帳」と連動しているため、アドレス帳にきちんとした住所さえ登録してあれば、たとえば、打ち合わせ先の会社をアドレス帳から地図検索できます。
普段からiPhoneのマップのブックマークに行き先を入れておけば、事前に地図を調べたり、プリントアウトして持ち出すという手間から開放されるのです。


神楽坂から、銀座への経路を検索しました。電車でのルートが表示されています。


車での経路だとこうですね。


開始を押すとどの様に進めばよいかナビゲートもしてくれるのです。


ブックマーク機能です。

あのお店はどこだったっけ?


テレビでもよく放送されている蒙古タンメン中本です。


人のマークを押せば、ストリートビュー機能も起動します。地図だけでなく、周りの景色も確認することができます。手放せません。

私は、飲食店だけでなく、会社の取引先や新規訪問先なども、すべてブックマークに登録して、iPhone一つでどこでも迷いなく行けるようになりました。
関連記事
[ 2009/12/05 12:44 ] 基本操作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。