フリック入力をタイピングゲームでマスター iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリック入力をタイピングゲームでマスター

iPhoneの日本語入力にはAppleが特許を取っているという「フリック入力」という方法があり、このフリック入力を習得すればかなり快適に日本語が入力できます。

フリック入力
通常のテンキー入力方法だと「あ」なら1を1回、「い」は2回押し、「う」は3回押しというように入力しますが、フリック入力の場合は「あ」のキーを長押しすると図のように「あ」を取り囲むように「い」「う」「え」「お」のタブが現れます。
「あ」を押したまま指を左にスライドさせると「い」、上にスライドさせると「う」...というように入力する方法です。
また、タブを出すために「長押し」と書いていますが、実際のフリック入力には長押しは必要ありません。「あ」をタッチした瞬間に指をスライドすれば入力出来ますので素早い入力が可能になるのです。

例:


母音で、「あ」段の文字は指をスライドせずに入力できます。「い」段は左、「う」段は上、「え」段は右、「お」段は下。この位置関係を練習して体で覚えましょう。

ある程度フリック入力に慣れてきたら、フリック入力練習のタイピングゲームサイト(無料)がありますので、ここで練習して速度を上げていきましょう。
慣れればキーをほとんど見なくても高速で打てるようになります。(ブラインドタッチ)


百聞は一見にしかず↑

タイピング練習ゲーム→Flick Typing
関連記事
[ 2010/02/05 16:00 ] 基本操作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。