Read It LaterとInstapaperの使い方 iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Read It LaterとInstapaperの使い方


TwitterクライアントでURLつきの投稿をクリックした時などにでてくる
InstapaperとRead It Later、これはなんでしょうか?

これはページをまるまるキャッシュしてオフライン時でも閲覧を可能にする便利なビューアです。

両者の違いはデータ量の軽いテキストでキャッシュするか、画像も含んで完全な形でキャッシュするかの違いです。

地下鉄など、わずかな停車時間にページをフルに読み込むのが辛い
(もしくはなかなか圏外から復帰しない・・など)場合は
Instapaper、自宅や会社のWi-Fi環境で高速接続出来る時はRead It Laterを使います。

このアプリを利用する事で、地下鉄走行中のオフラインストレスを随分と軽減出来ています。

これで通勤時間は情報を仕入れたりblogを読んだりと、とても有意義な時間になりますね。

 Instapaper Free [無料]  Instapaper Free

インターフェースはこんな感じ。無料版なので広告が出ます。


read it later Read It Later Free [無料]  Read It Later Free


主につかうのはやっぱりこれです。UIもイイ。
更新された記事を出勤前にどんどん送り込みます。

読んだ記事は既読リストに。これは未読の記事。


どちらも有料版のPro無料版のFreeとありますが、Freeで機能充分だと思います。
登録は任意のUSER IDとPASSWORDを設定するのみで、あっという間です。

そしてこの二つのアプリを連動させて更に活用できる、RSS Flash G というアプリがあります。
関連記事
[ 2010/02/17 21:14 ] アプリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。