iPhoneカメラの位置情報の利用について iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

iPhoneカメラの位置情報の利用について

iPhoneのカメラにはGPSで位置情報を添付することが出来ます。



便利な機能で、その写真がどこで撮られたのかわかるのです。
これを利用したアプリで「セカイカメラ」などが面白いですが、
自宅でパシャパシャ撮ったものまで位置情報が付いてるとなるとプライバシーもくそもあったもんじゃありません。

使用するカメラアプリに応じて位置情報の添付の可否を設定しておきましょう。
また、位置情報の添付について設定したかどーか忘れた方も再度設定を見直すためにも良いでしょう。

位置情報のリセットを行います。
設定⇒一般


一般⇒リセット


リセット⇒位置情報の警告をリセット


警告をリセット


これで、カメラの位置情報について取得する・しないの設定がリセットされます。
次回カメラを起動したときに、位置情報の利用についてダイアログが出ますので、カメラアプリごとに設定すればよいでしょう。

通常のカメラは位置情報利用無し、その他アプリなどは有りなど。
どのカメラアプリに設定をしたかしないかは、忘れないでくださいね。
ま、忘れてもこの方法を覚えておけばいいだけですけどね(^_^;;
関連記事
[ 2009/11/14 12:35 ] 基本操作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。