EvernoteやDropBoxへの写真アップロードに最適☆ PictShare iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

EvernoteやDropBoxへの写真アップロードに最適☆ PictShare

PictShare


iPhoneで撮影した写真をTwitterやFacebook、Evernoteその他様々なアプリケーションに転送することの出来る写真管理アプリです。
写真に付与されている、日時データや位置情報の添付なども都度指定できます。

pictshareのアルバムタブ画面
アルバム

pictshareのカレンダー画面
カレンダー


カレンダーで一覧表示できるので、自分のアルバムとして、いつ、何時に撮った写真なのかが一目瞭然。
私は主にEvernoteへの転送用として使っていますが、Retinaの解像度の高い画像も、好きにサイズを変更できるのでとてもありがたいです。

カレンダー付きの写真アルバムとして使うだけでもいいですが、それだけじゃもったいないですね。
まずは、どのアプリに転送できるように設定しましょうか。
転送するアプリを選択・設定する画面
一般的には、Twitter、Facebook、Evernote、Dropboxてとこでしょうか。


設定画面。色々と細かく設定可能です
「設定タブ」の「サービス設定」から、「アカウント追加」。
利用するサービスのID、Passを入力して、ログインし、それぞれのアプリ側で設定を行います。


転送したい写真と、サービスを選んで、

例えばEvernoteの場合は、
解像度を240px~2592px、オリジナル、カスタム指定など、選んで。
もしも記事や注釈など入れておきたいなら、「編集」から、名前やコメント、タグなどを入れられます。
あとは、どのノートに入れるかを選んで、「転送!」
pictshareからEvernoteに転送中
簡単です。


アプリごとに転送設定は違いますが、すごくわかりやすいので、直感的に使えますよ。
例えばFacebookだとこんな感じです。どのアルバムにUPするのか?
facebookへの転送画面

Dropboxの場合は、どのフォルダにUPします?
Dropboxへの転送画面


一度送った設定は、次回引き継ぎされていますので、変更なければ一回一回設定する必要が無いので、どんどんアップロードできます。
そして大事なことなんですが、このアプリは、軽いです。めっちゃ軽いっ!動作キビキビ快適ですよ。
(写真1万枚とか入れたらどうなるかわかりませんが。私は約1600枚です。)

これだけ使いやすくて便利なアプリがたったの250円。驚きです。

PictShare ¥250
PictShare - multiple photos/movies uploader - itok
関連記事
[ 2012/05/22 14:21 ] アプリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。