iPhone, iPadのWi-Fiの接続速度を体感200%向上させる裏ワザ iPhoneアプリでカスタマイズ- iPhoneManiax-

iPhoneの便利なアプリケーション、カスタマイズ方法、使いこなし術を紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

iPhone, iPadのWi-Fiの接続速度を体感200%向上させる裏ワザ

DNSの設定でiPhoneのwi-fi接続速度をアップ

家庭や公衆Wi-FiスポットなどでのWi-Fi接続で、DNS(Domain Name System)のアドレスを、Google Public DNSや、NTT America Technical Operationsなどに変更することで、インターネットページの読み込み速度が上がります。

私の体感では200%UP!


SpeedTest
ユーティリティ│無料
iPhoneのネット接続速度を測りたい時に。3G、Wi-Fiを選択して測定できます。
Speedtest - Xtreme Labs Inc.

このソフトを使ってスピードテストをしてみましたが、通信速度が速くなっているわけではないです。 DNSサーバーの名前解決が速い、ということです。


設定は簡単。一度設定すれば毎度の設定は不要。
特に家庭のWi-Fiについては、平常のことですので設定しておくことをおすすめしておきます。


設定方法

まずはスクリーントップから「設定」→「Wi-Fi」に進みます。


iPhoneのDNS設定画面

使用しているWi-Fiの矢印「→」をタップして詳細画面を出します。




Google Public DNSを使用する場合

赤枠で記してある箇所に「8.8.8.8, 8.8.4.4」と入力。


NTT America Technical Operationsを使用する場合

赤枠で記してある箇所に「129.250.35.250」と入力。


DNSのベンチマークソフトで測るとNTTのほうが若干速いそうですが、それほど差は感じません。
ただ、設定する前と比べると明らかに速いページ読み込み速度です。

嘘のようなホントの話。
是非試してみてください。


関連記事
[ 2012/06/29 12:04 ] 基本操作 | TB(0) | CM(2)
ありがとうございます!
めちゃくちゃ早くなりました!!
[ 2013/02/28 13:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/15 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。